久しぶりに微分方程式を解きたくなりました。

今では計算ソフトで答えが正しいか試しながらできます。

mathmaticaはアプリケーションソフト
wolfram Alpahはウェブサービス
言語はどちらも wolfram言語です。

mathmaticaもwolfram alphaも同じようなものと考えていいようです。

ある程度は無料で利用できるようになっています。 

Wolfram Programing Lab

Shift  + Enter
Enter

この2つの違いから。

Shift + Enter は計算評価しろという意味になります。
Enterはただの入力です。複数行入力するなどに使います。
最後に一括して計算しろというときにShift + Enterを使います。 

微分方程式を解くときにはDSolve関数を使います。
DSolve[eqn,u,x]  独立変数を x として,関数 u に関する微分方程式を解く.

wolfram DSolve関数

38
d0 この微分方程式を解きたい。

mathematicaで微分方程式を解く場合にはyがxの関数であることを明示しなければなりません。

それと=イコール記号を==にして、DSolveしてやると微分方程式を解いてくれるようになります。

d1

下のようになります。
df0
df1

df3
df4


5
6


df7
df8

df9
df10

やさしく38
df11
df12


d1
d2

d3
d4


d5

d6


d7
d8


d10

d11

d12
d13

やさしく75
2階同次微分方程式
d14
d15


d17
d16


d18
d19

d20
d21

d22
d23

d24
d25


d30
d31

d32
d33

d34
d35


やさしく90
2階非同次微分方程式

d40
d41

d42
d43

d44
d45

d46
d47