Yuki Nakata's Blog

One color just reflects another

カテゴリ: 将棋

年末に行われた電王戦合議制マッチ2016 見ましたでしょうか。

リアルタイムで見ていなかったのですが、とんでもない将棋でした。

プロ棋士側も善戦したと思いますが、ソフトは遥かに上回っていました。

5枚写真を見てください。後手の飛車の動きに注目です。
dennou1
まず出だし。普通に横歩取り。

dennou2
向かい飛車に転向。良くある進行。

dennou3
圧力をかけ、27歩を打たせる。別段特に。

dennou5
飛車が下がって。

dennou4
で、最後に地下鉄飛車で完成。
 
お気づきでしょうか?

そうなのです。

飛車が山の手線のようにぐるっと一周してきたのです。!!!

3枚目の写真。コメントで「もう勝ちにくい将棋になった。」とありますが、恐らくそうなのでしょう。

普通なら2筋からガリガリ行きたくなるわけです。

だから27歩と守りたくなります。

ところが27歩を打たせたら、2筋はもう用済みと言わんばかりに8筋に移動。

これは翻弄されてしまいますねぇ。

こんな将棋は見たことありませんでした。

動画を張り付けておきます。

コンピュータがこんな将棋を指すとは驚きです。

恐ろしく柔軟な発想であり、構想力です。 合理的ということかもしれません。

これが2015年のソフトだというのだから、現在はとんでもないことになっていると思います。

三浦九段 疑惑の対局の続きです。

M浦九段 おめ!!!

やっぱりこの話題に触れなければいけないと思います。

動画を見ましたが、酷い冤罪事件です。

この案件は当初から裁判沙汰になることを想定しておかなければいけないと思います。

カンニングというのであれば、まず証拠を出さなければいけない。

ところが第三者委員会が調べたところ、その証拠がありませんでした。m9(^Д^)

渡辺竜王と将棋連盟は名誉棄損で訴えられたら負けてしまいますよ。

完全に勇み足です。

どうして天才集団であるはずの将棋連盟が勇み足をしてしまったのでしょうか。

人の良い島常務理事に圧力をかけた人がいるのでしょうか。

結果的に竜王戦にケチをつけたのは渡辺竜王だということです。


羽生3冠「一日も早く三浦さんが復帰して、将棋界がいつも通りに戻ることを願っています」

羽生さんの言葉は将棋界において絶対ですから、そのように進むでしょう。
20170103-00000031-mai-000-view
そしてこの笑顔である。

もちろん私は信じておりました。

カンニングとは正反対の人だと思いますが。人を見る目がないというか。










 

みうみうの愛称で親しまれている三浦九段がスマホカンニング疑惑で年内出場停止処分を受けました。

8月頃から疑惑を持たれていたようです。

三浦九段というと結婚式でも詰め将棋を解いていたエピソードが有名です。

昔はものすごく寡黙でしたが、ニコニコ動画にも登場するようになりイメージがずいぶん変りました。

文春の続報が入ってきました。
渡辺竜王が連盟に疑惑を提起。
羽生2冠、佐藤名人、千田五段含む7人で検討した結果、クロと認定。
三浦9段のPCに入っていたソフトは技巧 (妻がダウンロードしたと弁明)
疑惑の対局は4局
三枚堂4段が遠隔操作ソフトteamViewerの存在を教える (インストールしていないと弁明)

文春を読んだ結果、真っ黒だと思いました。teamViewerはアウトです。モロに遠隔操作ソフトだからです。

しかしteamViewerはインストールしていないしと弁明、PCとスマホを提出しても良いと言っていますし、どうやら調査の方向へ進むようです。
三浦九段の反論文書全文

正直に言ってわかりません。これで白ならどうするんだろう?笑
逆に渡辺竜王と連盟の立場が悪くなりますよ。
このままグレー決着の方が跡を濁さないのでいいと思うのですが。

疑惑の4局
2016年10月3日 順位戦 三浦弘行 九段 vs. 渡辺 明 竜王 
2016年9月8日 竜王戦 三浦弘行九段 vs. 丸山忠久九段
2016年8月26日 竜王戦 三浦弘行 九段 vs. 丸山忠久 九段
2016年7月26日 竜王戦 久保利明 九段 vs. 三浦弘行 九段

ではスマホカンニングしたと言われている疑惑の一局です。この対局が最もソフトっぽい。
 
A級順位戦 三浦九段 対 渡辺竜王

渡辺竜王がボロボロにやられてしまいます。感想戦も20分程度で終わってしまったそうです。

言われてみればソフトっぽい。

▲45桂から▲71角はソフトらしい踏み込み。でも序盤なのでこの辺は事前研究でしょう。
miumiu
後手は飛車を打ち込まれると弱い陣形です。

△85同飛と桂馬を取りたいが、▲74歩と飛車交換を迫られる。

といっても結局飛車交換に持ち込まれ飛車を打ち込まれるのですが。

ソフトを使っていなければ大分棋風を改造した感じです。

ソフトを使ったかどうかはわかりません。


ニコニコのテトリスさんが棋譜解析をされています。
三浦九段はトータルで68%の一致率、後半はなんと90%の一致率!
前半は事前研究、中盤カンニングなし、後半カンニングありだと説明はつきますが。








shogidroid
そんなことよりスマホアプリで最強はshogiDroid。

これは強いよ。

やねうら王がこのshogiDroidで動作している、ということでこのアプリを知りました。

将棋エンジンを追加できるので電脳戦2位のAperyや技巧とも対局することができるようです。

もちろん棋譜解析も付いています。次の一手もわかります。

棋譜を入力し次の一手を探させる、5分~10分あれば出来ます。

スマホカンニングするならshogiDroidが絶対おススメです。

もし三浦9段がスマホを使っていたとしたらこのソフトかもしれません。

このソフトを使えば7冠王になれるかも。






今日、ひょんなことから将棋の大山先生の本を頂戴いたしました。


 大山先生の勝負50年。昭和58年の本で棋譜を含めての回顧録となっています。


ドヒャー。 なんと直筆サイン入り。千変万化

いやあ今日は驚いた。

将棋の大ファンだとお伝えしたところ、奥から本を持ってきてくださいました。

本の状態もすばらしいです。

宝物にします。

千変万化。それにしても言葉が良いです。大山先生らしい言葉だと思います。

千変万化に生きていきたいと思います。


大山先生そっくりでした。

トレードマークの丸淵メガネではありませんでしたが。

将棋の話になると時折、眼光が鋭かったです。

名人戦は行方君、佐藤君と続いて大山門下だと自慢げに話されていましたよ。

 

ニコニコ動画で将棋を見ていたらすごいものを見つけました。

ソフト同士の将棋対局
saya 対 awake

振り飛車党の人には是非見てもらいたい。

とにかく驚いた。先手中飛車のさばきが素晴らしすぎる。

しかも中飛車で勝つだけではありません。

序盤で定石が外れるので見ていて将棋が面白い。

コンピューターの良いところです。

これはお金が取れるレベルで棋譜が新聞に掲載されていてもおかしくありません。

私は振り飛車が好きなんですが、一発でファンになりました。

こんな振り飛車ならまた見たい。


先手はsayaとかいう聞いたこともないソフト。グーグルで検索しても出てきません。

2014年優勝ソフトのAWAKEに勝つわけですから、開発者も絞られてくると思いますが。

コンピューター将棋も人気が出ると思いました。




↑このページのトップヘ