Yuki Nakata's Blog

スーパー中ちゃん♪

カテゴリ: IT

最近ずっと5ボタンマウスについて考えていました。

5ボタンマウスについて考えることがあるのです。

その前に私が愛用しているのがバッファローのBSMBU19というマウスです。
 _SL1000_
このマウスです。既に4つ持っています。

マウスクリックが静かな有線マウスです。

写真を見ると分かるとおり、サイドボタンが2つ付いているのです。

サイドボタンはブラウザの「戻る」と「進む」が割り当てられています。

このサイドボタンが役立たずです。役立たず。役立たず。

私はブラウザの戻るや進むをほとんど使わないからです。

タブをどんどん開いていきます。常時4つか5つタブを開いているでしょう。

最近気が付いたのはこのサイドボタンはカスタマイズできる、ということです。

それで考えていたのは、このサイドボタンにどの機能を割り当てるべきか、です。

色々と試行錯誤した結果、ブラウザの「現在のタブを閉じる」と「開いている次のタブに移動する」を割り当てるべきではないかと考えていました。

本当にどうでもいいことなんですがずっと考えていました。笑 

私はchromeブラウザでタブを開きまくるので、タブ関連のキーを割り当てるべきだと思うのです。

ブラウザはタブブラウザが主流です。つまり複数のタブが開いているわけです。

このご時世、タブ1つで進むや戻るボタンを駆使している人などいるのでしょうか。

というわけでせっかく5ボタンマウスを使っているのだから、もっと便利な使い方はないかと試行錯誤していたわけです。

以前同じようなことを考えている人がいて、5ボタンマウスのサイドキーにCtrl割り振らない奴は人生の8割くらい損してる
 
私はCtrlではないように思うのです。

もっと便利な使い方があれば教えていただきたいです。

次回、ウィンドウズとlinuxそれぞれカスタマイズ方法を解説していきます。
マウスをカスタマイズしよう windows編 

前回は家のネット環境をADSLからeo光にしました。を書きました。続きです。

無線電波が弱かったので、NECのAterm WG1800HP2を使って中継してみました。

ネットで中継方法を調べましたが、説明が下手くそ。しかもたらい回しにされますよ。

簡単一発。一番簡単な方法を書いています。

 これがNECのWG1800HP2ルーター。他の無線ルーターでも中継できると思います。

1. まず全部のコードを抜きます。電源も切ります。

2. 背面のスイッチをCNVに合わせます。

3. LANポートにLANケーブルを接続し、もう片方をPCのLANポートに接続します。
 つまりルーターとPCを有線接続します。
   WANポートには何も繋ぎません。


今、この状態。

4. らくらくスタートボタンを押しながら、電源を入れます。

5. らくらくスタートボタンを押し続けると、CONVERTERランプが緑色に点滅します。点滅したら、らくらくスタートボタンを離します。

6. PCのブラウザからhttp://192.168.1.245 にアクセスします。ルーターにログインできるはず。
 もしできなければ、ここまでが間違っています。やり直し。

7. 初回時であれば管理者パスワードを決定します。自分で忘れないパスワードを設定しましょう。

8.  WIFI設定します。基本設定からWIFI設定を選びます。
wifi_1800hp2_1
 Wi-Fi TVモード中継にチェックを入れてWifi設定。スマホやPCでWifi設定するのと同じです。

アクセスポイント検索をクリックすると親機のSSIDを拾うと思います。中継器から親機のSSIDに接続し、パスワードを入れます。

そうすることで中継器( WG1800HP2)が親機の電波を増幅し、飛ばしてくれるようになります。

 
簡単におさらいすると、ルーターを中継モードにして、親機にWifi設定する、です。 

一応、正式なリンクを張っておきます。

クイック設定Webの使いかた(中継機または子機としてご使用のとき)


子機WG1800HP2からWi-Fi接続する

ついに我が家も光ファイバになりました。

ずっとADSLだったんですが、今年の6月末でサービスが終わりになるのでeo光に切り替えました。

ADSLは月2000円程度で安かったです。戸建てなので光に変更すると倍以上の値段になります。


何度か速度測定してみましたが、こんなもの。11acの方です。下り70Mbpsです。


次は11n。40Mbps。案外健闘しているように思います。

ADSL時代は7Mbpsでした。速度10倍ぐらいにはなっています。


光の恩恵を受けるためには端末側の無線機能が11acに対応している必要があります。

これからスマホやPCを購入する場合には11ac対応しているのを買うべきでしょう。



設置されたeo光の無線内蔵モデムがこれ。

お世辞にも無線機能が強くない。

1Fにモデムが設置されているのですが、2Fの書斎になると無線が届かないレベル。

NECの無線ルーターを持っているので、中継してみました。

Aterm WG1800HP2を使って無線中継をしました。 続きます

love802 love cocoloというサービスを始めました。

「今、ラジオで流れていた曲、なんて曲やろっ?」って時に使えます。

マッシュアップというやつです。懐かしいですね。

youtubeの動画を引っ張ってきて、jqueryを使って無限スクロール(infinite scroll)にしました。

昔流行ったんですよね。こういうApiを叩いて組み合わせてってやつ。

ああいうの開発していた人は今頃何をやっているんでしょうか。

アプリ開発とかですかね。


朝は車の中で寺平ヒロさんのラジオを聞いています。

ヒロさんの声は国宝級だと思っています。

「タモロス」よりも「ヒロロス」の方が酷いことになるでしょうね。

今のうちにボーカロイドを作っておいた方が良いんじゃないかと思っています。

ホンマに、ホンマに。

love802



lovecocolo


 

nakatayuki.com ドメインが失効してしまいました。

 domain
見ると突然こんな表示に。

失効したドメインを復旧させる方法を書いています。

まずは深呼吸をして落ち着きます。

スタードメインを利用しています。ややこしいですが、運営会社はネットオウルです。そのドメインサービスがスタードメインになります。

1 ネットオウルにログインしてお金を振り込みます。

 ネットオウルプリペイドからお金を振り込みます。クレジットカード払いだとすぐに反映されるのでクレジットカードがおススメです。

2 利用中のサービスから自分のドメインを選択して、料金を支払い更新します。
domain2

 これだけでは失効したままです。

3 お問い合わせフォームから復旧お願いのメールを送ります。
 ネットオウルお問い合わせフォーム
 
ネットオウルIDと名前とメールアドレスを入力します。 URLは必要ありません。

件名は 失効したドメインの復旧のお願い

内容は

お世話になります、スタードメインを利用しておりますOOと申します。

この度、ドメイン「OO.com] の有効期限が切れて失効となってしまいました。

既にプリペイドでチャージを済ませ、料金を支払い更新しました。

お忙しいところ申し訳ありませんが、ドメイン復旧をお願いいたします。

何卒よろしくお願いいたします。


 
12時間くらい経ち復旧しました。

ドメインは先払いです。気を付けましょう。
 

昨年末にソニーのVAIOと東芝、富士通のパソコンメーカーが合併するかも、という仰天ニュースが入りました。

パソコンの売り上げが下がっている中、3社生き残るのは無理だから先手を打って先に合併しておこう、ということです。

うまくいかないでしょう。

3社合わさってもダメだと思います。

全くワクワクしません。

3社集まったらどう良くなるんでしょうか。

逆にパソコンの価格は高くなったりして。

もうパソコンの市場は終わっています。

価格コムを見ても5万円程度が売れていて、儲かりません。

テレビの市場と似ていますね。これでは厳しいです。

もうlenovoやASUSに任せてもいいような感じでもあります。

私の認識ではパソコンの本体は使い捨ての時代になったのです。

ユニクロのフリースのようにです。

パソコンも毎年使い捨てです。

パソコンというのはスマホのように3万円くらいで毎年最新のものを出す、というスタイルになったのです。

15万円もするパソコンを発売するというのがおかしいように思います。

パソコンを作っている場合ではないと分析しています。

小型コンピューターであればこれから市場は大きくなっていきます。

絶好調のラズベリーパイを叩き潰すべきだと思うのですが。





 

いろいろと調べてみたのですが、2016年はsimフリータブレットの年だと感じます。

パソコンの時代は終わったのです。

パソコンというとかつてはデスクトップPCを意味していました。

ところがデスクトップパソコンは性能が良くても携帯性がゼロなので、主役をノートパソコンに譲ることになります。

そしてノートPCに取って代わるのがタブレットです。

象徴的だったのが去年暮れのApple Ipad proでしょうか。

それに対抗して各メーカーがタブレットを出してくるでしょう。

理想的なタブレットを考えてみました。

理想的なタブレット = タブレット + ドッキング可能なキーボード付き + OSはWindows10 + シムフリーで常時ネット接続 + 1キロ以内。

これらが全てそろえば買いです。

去年惜しい機種が1つだけありました。
nbsimfree


Asus TransBook T100TAL-B-3735 simフリー です。 2015年2月発売 36600円 価格コム調べ

これが惜しかった。

TransBookの性能を少し良くして、本体を少し薄くして、重量を少し軽くすれば合格です。

2016年のAsusの発売するTabletは注目です。 

パソコンというとかつてはCPUの性能を競って、メモリー容量を増やしてと少しでも性能を良くしようとしていましたが、
タブレットになると事情が違います。

ちゃんと動けばCPUやメモリーなどどうでもいいのです。

ノートパソコンを改良するのではなく、タブレットを改良するべきだとつくづく思います。

simフリータブレットにソネットの0円シムを刺して使えば完璧です。

さらにスティック型PCやラズベリーパイのような小型PCも普及していくでしょう。

日本メーカーの存在感はますます薄れていくものと思います。



 

↑このページのトップヘ