Yuki Nakata's Blog

スーパー中ちゃん♪

カテゴリ: IT

instagramの写真や動画を保存する方法を解説しています。

綺麗なinstagramの写真や動画を保存したくなることがありますよね。

instagramのページから直接写真を右クリックしても保存ができないようになっています。

スマホやタブレットなら難しいですが、PCだとツールを使わずに簡単に保存することができます。

instagram1
右クリックからページのソースを表示。

画像の場合はjpgで検索、動画の場合はmp4で検索。一番初めにヒットしたアドレスがそれになります。

instagram2
jpgで検索した結果。

この画像の場合、
https://instagram.fitm1-1.fna.fbcdn.net/vp/dbf41baea587b0f0b356a11aedf92b44/5D051CC0/t51.2885-15/e35/26265599_130377604439893_2965866490609270784_n.jpg?_nc_ht=instagram.fitm1-1.fna.fbcdn.net

https://instagram.fitm1-1.fna.fbcdn.net/vp/dbf41baea587b0f0b356a11aedf92b44/5D051CC0/t51.2885-15/e35/26265599_130377604439893_2965866490609270784_n.jpg?_nc_ht=instagram.fitm1-1.fna.fbcdn.net

上のアドレスが画像になります。このアドレスをブラウザでアクセスすれば画像や動画のみ表示。
画像を保存可能になります。

google chromeからSSH接続しよう

レンタルサーバーを借りてホームページやブログを運営している人も多いと思います。

linuxサーバーにはSSHという通信で接続しています。

windowsだと定番teraterm。
linuxやmacだとコマンドを打ちます。

このコマンドが面倒、Google Chromeの拡張機能を使えばOSに関係なく統一することができます。

Secure Shell
 
secure shellをインストール。

アプリからsecure shell を選びます。
 secureshell

ssh2

username@hostnameの箇所は適当に書いていいです。

usernameにログインユーザー
hostnameにIPアドレスかホストネームを指定します。通常IPアドレスですね。
portにポート番号を入力。

ENTERで接続するとターミナルが表示されますので、
パスワードを入力するとサーバーにアクセスすることができるようになります。
 
統一した方が便利ですね。

SSH通信はgoogle chromeにします。

Youtube動画の字幕テキストを保存する方法を解説しています。

英語の動画を見ていると字幕を保存したくなることがありますのでまとめておきます。

このワニさんがゴルフ場を歩いている動画で説明します。

外人のお姉さんがwow, wow言ってます。これをテキストで取得したい。

2つの方法で説明。

・4K Video Downloaderを使う
4K Video Downloader
ソフトをインストールします

4k
字幕をダウンロードにチェックを入れてダウンロードするだけ。

・手動で字幕を保存する方法。
Google Chromeを使ってYoutubeの動画サイトにアクセスします。

4k2
動画表示以外のところで右クリックから検証

4k3
するとこんな画面が出てくる。

上のネットワークタブをクリック。

字幕ボタンをクリックすると、右にアドレスが出てくる。

このtimedtext? なんちゃらが字幕ファイルのアドレスです。

このアドレスをコピーしてブラウザからアクセスすると字幕ファイルを表示させることができます。
4k4
字幕テキストが表示させることができた。やったね!











 

vps2


レンタルサーバー VPSはServersManだ!

ServersManのVPSレンタルサーバーを借りています。

もう3台目。格安のEntryを3台。3台借りても1カ月2000円以内に収まります。

気に入りすぎています。

お試しでさくらVPS借りましたが、ダメでした。私には難しすぎます。

私がやりたいことはphpをcronで常時動かしたい!!!

はっきり言ってこれだけなのです。面倒くさいサーバー設定は極力勘弁。

というような人にはServersManがうってつけだと思います。

本当に1時間で本格サーバーを立ち上げることができます。

レンタルサーバー比較ではServersManよりさくらVPSの方がパフォーマンスが上という記事が引っ掛かります。

そうなのでしょうが単純にそうとも言えません。

httpサーバーはデフォルトのApachではなく軽量サーバーのnginxを使います。

またphpはphp5ではなく、php7にするとパフォーマンスが3倍良くなります。

nginxとphp7を組み合わせるとServersmanで十分戦えるのです。

しかも見逃せないのはハードウェアも良くなっている点です。

CPUも以前と比較すると性能が良くなっています。

現在はコレ。Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2430L 0 @ 2.00GHz

PHPもサクサクに動きます。

試してみる価値があると思いますよ。

Serversmanの環境
OS ubuntu14.04
httpサーバー nginx
php php7.0
ftpサーバー vsftp
sqlデータベース いらない

参考にしたサイト
以下のサイトをマネすると初心者でも設定できます。

ubuntu ユーザを追加して sudo 権限をつける ユーザーを追加してsudo権限をつける

Ubuntu 14.04 で add-apt-repository が無いと言われた add-apt-repositoryコマンドを追加

Ubuntu14.04にnginxとPHP7.0とMySQL5.7をインストールする nginxとphp7をインストール

Ubuntu 14.04 LTS : FTPサーバー : Vsftpd インストール : Server World vsftpdインストール

/etc/nginx/conf.d/default.conf
rootディレクトリだけ変更した
 
server {
    listen       80;
    server_name  localhost;

    #charset koi8-r;
    #access_log  /var/log/nginx/log/host.access.log  main;

    
    location / {
        root   /usr/share/nginx/html;
        index  index.php;
    }

    #error_page  404              /404.html;

    # redirect server error pages to the static page /50x.html
    #
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    # proxy the PHP scripts to Apache listening on 127.0.0.1:80
    #
    #location ~ \.php$ {
    #    proxy_pass   http://127.0.0.1;
    #}


    # pass the PHP scripts to FastCGI server listening on 127.0.0.1:9000
    #
    location ~ \.php$ {
        root           /usr/share/nginx/html;
        fastcgi_pass   unix:/var/run/php/php7.0-fpm.sock;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  $document_root$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }
   

    # deny access to .htaccess files, if Apache's document root
    # concurs with nginx's one
    #
    #location ~ /\.ht {
    #    deny  all;
    #}
}


/etc/vsftpd.conf

変更箇所
write_enable=YES
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
ls_recurse_enable=YES

今更ですが、IPアドレスのはなしです。

IPアドレスには2種類あります。グローバルとローカル(プライベート)です。

インターネットに接続するにはIPアドレスを取得しなければいけまん。

まずグローバルIPアドレスを確認してみましょう。

CMAN グローバルIPアドレス  ここをクリックするとグローバルIPアドレスが分かります。

パソコンやスマホ、ネットに接続するデバイスにはそれぞれローカルIPアドレスが割り当てられます。 

確認方法はコマンドプロンプトからipconfigを実行します。
ipc4
この画像では192.168.0.3がローカルIPアドレスです。

なぜグローバルとローカルの2つあるのか?

その理由を説明します。

先ほども書いたようにネットに接続するためにはIPアドレスを取得しなければなりません。

もし仮にすべてのPCやスマホ、タブレットがグローバルのIPアドレスを持つとすると、グローバルIPアドレスが一気に枯渇してしまいます。

そのためPCやスマホにはローカルのIPアドレスを割り当てて、一つのグローバルIPアドレスを使い回す、ということをしています。

郵便を例に説明してみます。というのはネットの仕組みは郵便を真似して作られているからです。

東京都新宿区1町目1-1に磯野家が住んでいたとします。
住民は磯野マスオ、サザエ、カツオ、ワカメ、タラです。

この磯野カツオにハガキを送りたいとします。もちろんこのハガキがhtmlやjpgなどのデータに相当します。

どうすれば磯野カツオにハガキを届けることができるでしょうか。

ハガキの宛先に東京都新宿区1丁目1-1と住所をまず書きます。

これだけで家のポストに届きます。この東京都新宿区1丁目1-1がグローバルIPアドレスです。

グローバルIPアドレスがあればとりあえずポストにまで届きます。

そこから先、磯野カツオと宛名を書けば磯野カツオだなと分かり、ちゃんと届くわけです。

この磯野カツオがローカルIPアドレスです。

そしてポストの役割がルーターと呼ばれるものです。ルーターはローカルIPアドレスを見て振り分けてくれているのです。

確認しておきたいことは、磯野家の住民が100人いようが、グローバルIPアドレス(東京都新宿区1丁目1-1の住所)を使い回しているのでたった一つで済んでいることです。

これで仕組みがわかりましたでしょうか。
ip-image
コニファさんの画像。見たらなんとなく分かると思います。

最後にグローバルIPアドレスはネットに晒しません。住所を公開するようなものです。世界で一つであり、原理的に追跡が可能です。

ローカルIPアドレスは晒しても問題ありません。追跡のしようがありません。
 


ウィンドウズでマウスボタンをカスタマイズしていきます。

無料ソフトのHUTを利用します。

HUT ベクターからダウンロードしてください。
Hut_editorを実行します。
hut1
追加をクリック。

割り当てたいボタンを押して、キーを設定します。
 hut2
1回クリックで反応させるので、Onceにしておきます。
押しっぱなしとかも設定できるわけですね。
こんな感じ。

 登録した結果がこちら。
 hut3
これをProfileフォルダ内に名前を付けて保存。mouse.hutで保存しました。

次にHut_mainを実行。タスクトレイに表示されます。
hut4
青いお家みたいなのがHUT。右クリックからリストを選択。

hut5
下の初期プロファイルに先ほど保存したmouse.hutを登録。変更ボタンを押すと登録できます。

hut6
最後にオプションのMainタブ。自動起動をオンにします。

これで完成です。

次はリナックス編。プログラムを自作します。
マウスをカスタマイズしよう linux編

↑このページのトップヘ