Yuki Nakata's Blog

天才 中ちゃん♪

カテゴリ: 読書

未来の本屋を勝手に考える 未来屋書店モンテメール芦屋
本屋さんの未来屋書店モンテメール芦屋が好きです。

私は各地の本屋や図書館を見てきましたが、ここは本当に素晴らしい本屋さんだと思います。

初めて訪れた時ビビッと来ました。

ここはお気に入りの本屋になる。私のための本屋だ!

未来屋書店がJR芦屋駅にオープン それでオープンした頃に書いたわけです。

ところが長く続かないのではないかと思っています。

私の分析では相当苦戦しているはずです。

その前に未来屋書店モンテメール芦屋の良いところを書いてみます。

よいところ1
内装がとにかくおしゃれ

百貨店内にあるためか、本屋さんなのに異様にゴージャスです。

個人書店では考えられないほどのゴージャスさです。

椅子やソファーにお金が掛かっています。チンケな椅子ではありませんよ。

どうみても椅子やソファー1脚の価格が10万円以上、数十万はかかっています。

しかも椅子だけで30脚はあります。

どんだけ椅子に金を使っているのか?w 本屋なのに。

よいところ2
本が読み放題。

ゴージャスな椅子に座って1日中無料で本を読むことができます。

本を売る気があるのでしょうか?w

よいところ3
本屋内にカフェがある。

カフェがあるのは近畿ではここモンテメール芦屋だけです。

お腹が空いたらカフェで食事ができます。

買っていない本も持ち込めます。本を読みながら食事ができます。

お分かりいただいたと思いますが、未来屋書店モンテメール芦屋は天国なのです。

本好きな人にとっては天国以外の何物でもありません。

次になぜ未来屋書店モンテメール芦屋は苦戦するのかを書いてみたいと思います。

苦戦する理由1
芦屋人は本を読まない。単純に芦屋の人口は10万人と少ないというのもあります。

芦屋というのは金持ちのジジイとババアの街なのです。

高齢者は本を読みません。そもそも老眼で本が読めないのです。

苦戦する理由2
すぐとなりに巨大なジュンク堂書店がある。

売り場面積5倍以上はあるでしょう。目当ての本を買おうと思ったら、巨大なジュンク堂書店に流れてしまいます。

苦戦する理由3
カフェのババアがうるさい。

本屋内のカフェでペチャクチャうるさいババアが陣取っています。

図書館であれば静かにするのがマナーですが、お金を払ったカフェの客ですからお構いなしです。

本を読まないなら他のカフェに行けよと思います。

苦戦する理由4
勉強している学生がウザい
椅子が提供されているので普通にノートを広げて勉強をしています。w

家に帰って勉強しろよと。図書館ではありませんよと。

他人の善意を理解できない人たちが多いのです。私の本屋に来るなと言いたい。

整理すると無料で本がいくらでも読める、隣に巨大なジュンク堂がある、内装にお金をかけすぎ。

これで本屋をやろうというのですから、相当太っ腹というかクレイジーだと思います。

いろいろ思うことがあるのですが一つに絞ると、入場料を取るべきだと思います。

芦屋価格で入場料800円です。1ドリンク付き。

800円程度なら私は喜んで払います。

ただ入場料を払うのではありませんよ。ここの本屋は1日中椅子やソファに座って本が読めてしまうのです。

ネットで「本屋 入場料」で検索すると賛否両論あるようですね。

素人お断りみたいな変わった本屋があっても良いと思います。

 

アマゾンで本を買った結果


アマゾンで加治将一さんのアルトリ岬を買いました。
  




サイン本でした。

普通に新書を買ったんですがねー。こんなことってあるんですね。

この本素晴らしかったです。一気に読めました。

 相川文弥は、何事にも自信のない中年男だ。平凡な暮らしを望んでいたが、息子はひきこもり、娘は放浪癖、妻からは離婚を突きつけられる。

家庭崩壊寸前です。

こういう家庭は結構ありがちです。

かつてナニワ金融道の青木雄二は経済が問題だと見抜いたのです。 だから彼はずっとお金の漫画を描き、資本主義批判をしたのです。
50億円の約束手形を掲載してみます。

貧乏サラリーマン今井一郎さんの場合
tegata1
tegata2


ところが大金が手に入ると分かると一変する。


 tegata3

tegata4
tegata5
tegata6
青木雄二は資本主義批判をしましたが一体何か変わりましたでしょうか?

貧乏なのは経済に原因があるわけですが、それだとドツボにハマる可能性があります。

宝くじでも当たらなければ、給料が上がらなければ、資本主義が終わらなければ永久に解決不可能です。

今は問題解決の仕方が違うのですよ。

このアルトリ岬のように心の問題だというのです。

心の扱い方に問題がある。最近でいうマインドフルネスです。

幸せに生きるにはどうすれば良いのかを考える科学的なメソッドです。

心の問題ですから各人意識の仕方で一瞬で変わり得るのです。

物事のとらえ方次第なんですね。

先ほどの漫画を思いだしましょう。大金が手に入るかもしれない、と皆が思っただけで家庭円満になり解決してしまいます。

その時点では大金は手にしていません。思っただけで解決してしまったのです。

だったら大金がなくても解決する方法があるのではないでしょうか。

それが心の使い方です。

心の使い方というのは面白く、奥が深いです。

私も常日頃未熟だと痛感しています。

人間というのは一度徹底的に挫折したり、絶望するのも悪くないと思っています。

久しぶりに良い小説を読みました。読んでもらいたい小説です。

コンビニ人間とかいうヘンテコなの読んでたからな。w

上の漫画はGoogle Playで無料で読めてしまいます。

50億円の約束手形

淀川河川敷

ラテン喫茶の頃

屋台などが収録されています。どれも名作ですよ。

青木雄二漫画短編集 完全版1 ゼニの掟編


 

_SX338_BO1,204,203,200_
ガンの80%は予防できる 崎谷博征 を読みました。

ガンの近藤理論の一歩先を行っていると思います。

近藤理論とはがんもどきは転移もしないので治療しない。

がんの親玉は転移するが、治療しても治らないので治療しない。

がんは放っとくにかぎる、という放置治療です。

がんの細胞にはミトコンドリア異常が見られます。ミトコンドリアによる細胞内呼吸ができなくなくなっている。

それではがん細胞はエネルギーを得ることができないので、代わりに糖による発酵をしてエネルギーを得ているのです。

つまり癌を予防するにはミトコンドリアちゃんを労わる生活をしないといけないのです。

逆に癌細胞に対しては糖を遮断して発酵できないようすればエネルギーを得ることができず消滅するはずです。

つまりライフスタイルで癌を防ぐことができるのです。

というか食生活が問題なのです。

昔のエスキモーは肉食生活でしたが、ガンにはなりませんでした。

アップルのスティーブジョブズはベジタリアンで会社の名前の通り、リンゴや果物、野菜ばっかり食べて、膵臓がんにかかり早死しました。

果物には果糖が含まれており、食べ過ぎは良くないのです。

果糖を食べることでガン細胞が発酵するのを手伝っていたわけです。

まさにスティーブジョブズはガンのための食生活を送っていたのです。

間違った健康志向は恐ろしいです。

ガンになるかどうかはミトコンドリアちゃんがカギを握っているのですね。

これからはミトコンドリアのためのミトコンドリア生活を始めましょう。

 

洗脳経済
苫米地先生の洗脳経済を読みました。

新刊キターと思って購入後読んでみると、前に読んだぞ? あれ?

2008年の洗脳支配の加筆、修正でした。w お気を付け下さい。ほぼ同じ内容かと。

2015年の苫米地先生の結論

金を現物で買え!  

以前から言ってますね。

年収200万も1000万も変わらん。資本主義の奴隷にすぎません。

ガス、水道、電気代などのインフラ料金はじわじわインフレになっていますよ。

円を持っていてもしょうがないので、今のうちに金を買いなさい、です。

5年以内に日本はIMFの参加に入る、ということらしいです。 

これは既定路線で既に決まっていることのようです。

貧乏人も金持ちも関係なくなります。もしかしたらチャンスかもしれません。


苫米地先生の真意は資本主義は洗脳である。

だったら資本主義を辞めてしまえ!

過激にいうとこうなります。しかもインチキ資本主義です。

とっとと辞めるべきなんです。

5年以内ですから2020年までに日本がIMFの参加に入る、

この苫米地先生の予言が当たるのかどうかで決まります。
 

というわけで金を買うことにしました。

金価格を調べていますが、金の価格は下がっています。

もう少し様子を見たいと思います。 

星継ぐぐもの



星を継ぐもの 読み終わりました。


月で地球人そっくりなチャーリーと名づけられる 死体が見つかる、彼は何者か?というSFミステリーです。

登場人物はまとめ役のハントと頭でっかちなダンチェッカー教授。

ポイントは3つ。

1、チャーリーはなぜ地球人と生物学的に同じ姿形をしているのか?

2、チャーリーが死ぬ直前に眺めていた惑星は地球なのか、それとも他の惑星か?

3、チャーリーが手帳に描いた地図は地球のどの大陸とも異なる、どこの惑星を描いたものか?

簡単に考えると矛盾が生じてしまいます。

チャーリーが地球人だとすると、地図がおかしくなります。地球の地図ではない。

逆に地球人でないとするとなぜ地球人の格好をしているのか?


本を読まずに答えをひねり出してみるのも面白いかもしれません。

最後に引き立て役と思われたダンチェッカー教授が見事にさらっていきます。爽快な結末です。

案外地球人もこんな形で誕生したのかもしれない、と思わせるところが名著の所以です。


 

↑このページのトップヘ