Yuki Nakata's Blog

天才 中ちゃん♪

2017年02月

もちろん三国志13PKを予約で買いましたよ。

期待はずれでした。

評価を書いてみたいと思います。

そもそも絆システムが微妙でした。

絆を結んだところで効果がしょぼい。

戦法時間が伸びる、評定で味方になってくれる。

インパクトが全くなかったのです。

絆を結ぶメリットがなかった。

PKはこういった微妙なものをいくつか盛り込んだだけでした。

・威名
威名システムも微妙です。

威名を達成すると情報ウィンドウがその都度出てプレイの邪魔をされます。

これまた達成感が全くない。メリットがない。

・戦闘マップが4倍
移動距離が2倍に増えただけです。

ちんたら戦場を移動させられているだけです。

テンポが悪くなりましたよ。

・戦術
戦闘采配が増える、挟撃が強化される、その程度です。

落石ができるとはいうものの、そのポイントまでわざわざ敵を誘導しなければなりません。

・要衝
要衝を制圧しなければならず、面倒くさくなっただけ。

やっぱりテンポが悪くなりましたよ。

・AIがクソ
敵の君主がどれも同じAIで動きます。

個性が全くありません。

たとえば曹操なら戦争を早く仕掛けてくる、とか袁紹や袁術は決断が遅い、

とかそういう君主による違いがありません。


はっきり結論を書くとこれならシンプルなノーマル版の方が良かった。

KOEIは三国志ゲームを面白くすることができませんでした。残念。





 

前から疑問だったんですが、なぜコンビニや自動販売機でお湯を売っていないのでしょうか。

不思議でなりません。

ネットで調べるとお湯は売れないから、というのが理由だそうです。 

バカです。笑

私はお湯が欲しいです。

逆にコンビニでコーヒーやお茶を買うことがありません。

コンビニでは水がデフォです。

コンビニのお茶が体に良いとでも思っているのでしょうか。思っているのでしょうね。

とにかくお湯を売って欲しい。

この寒い冬に冷たい水を飲めというのでしょうか。

私のためにお湯を売れと言いたい。

ミネラルウォーターを保温器で温めるだけです。

ホットコーヒーなど要りません。

私のためにお湯を売るべきです。
 

久しぶりに微分方程式を解きたくなりました。

今では計算ソフトで答えが正しいか試しながらできます。

mathmaticaはアプリケーションソフト
wolfram Alpahはウェブサービス
言語はどちらも wolfram言語です。

mathmaticaもwolfram alphaも同じようなものと考えていいようです。

ある程度は無料で利用できるようになっています。 

Wolfram Programing Lab

Shift  + Enter
Enter

この2つの違いから。

Shift + Enter は計算評価しろという意味になります。
Enterはただの入力です。複数行入力するなどに使います。
最後に一括して計算しろというときにShift + Enterを使います。 

微分方程式を解くときにはDSolve関数を使います。
DSolve[eqn,u,x]  独立変数を x として,関数 u に関する微分方程式を解く.

wolfram DSolve関数

38
d0 この微分方程式を解きたい。

mathematicaで微分方程式を解く場合にはyがxの関数であることを明示しなければなりません。

それと=イコール記号を==にして、DSolveしてやると微分方程式を解いてくれるようになります。

d1

下のようになります。
df0
df1

df3
df4


5
6


df7
df8

df9
df10

やさしく38
df11
df12


d1
d2

d3
d4


d5

d6


d7
d8


d10

d11

d12
d13

やさしく75
2階同次微分方程式
d14
d15


d17
d16


d18
d19

d20
d21

d22
d23

d24
d25


d30
d31

d32
d33

d34
d35


やさしく90
2階非同次微分方程式

d40
d41

d42
d43

d44
d45

d46
d47




未来人2062年の予言 まさかの大外れ トランプ勝利!

以前2062年の未来人のインチキ予想について書きました。

その続報です。

山口敏太郎さんが未来人とメールをやり取りした結果

2062年の未来人は九州に住む40代のおっさんだそうです。

まあそんなもんです。

未来人とメールでやり取り、というのがシュールです。
miraijin

さきどりBose #8 2017年 最新オカルト情報 都市伝説を解説!   

動画で1分くらいのところです。
 
アメリカ大統領の予想を見事に外したのです。

もう恥ずかしくて出てこれないでしょう。

↑このページのトップヘ