Yuki Nakata's Blog

One color just reflects another

2016年09月

とんかつ 松のやへ行きました。

仕事で東園田に行き、園田駅でぶらぶらしていたところ、新しくできたお店を見つけました。


松のや
松のや HP 牛どんの松屋グループ。どうやら出店ラッシュのようです。

メニュー
gm_160609_01
gm_160609_02
gm_160921_03
500円 ロースかつ定食に惹かれて入りました。

ネットで調べてもワンコイン定食はインパクトが大きかったようです。
 
内装もいいかんじ。


揚げたてさくさくのとんかつが出てきます。これで500円。

小食派の私にはご飯の量が少し多い。

ソースとドレッシングそれぞれ2種類ずつ。

期待以上に美味しかったです。

武庫之荘駅前にも出店するので行ってみたいです。 

牛どんなんていらんかったんやー。 


アマゾンで本を買った結果


アマゾンで加治将一さんのアルトリ岬を買いました。
  




サイン本でした。

普通に新書を買ったんですがねー。こんなことってあるんですね。

この本素晴らしかったです。一気に読めました。

 相川文弥は、何事にも自信のない中年男だ。平凡な暮らしを望んでいたが、息子はひきこもり、娘は放浪癖、妻からは離婚を突きつけられる。

家庭崩壊寸前です。

こういう家庭は結構ありがちです。

かつてナニワ金融道の青木雄二は経済が問題だと見抜いたのです。 だから彼はずっとお金の漫画を描き、資本主義批判をしたのです。
50億円の約束手形を掲載してみます。

貧乏サラリーマン今井一郎さんの場合
tegata1
tegata2


ところが大金が手に入ると分かると一変する。


 tegata3

tegata4
tegata5
tegata6
青木雄二は資本主義批判をしましたが一体何か変わりましたでしょうか?

貧乏なのは経済に原因があるわけですが、それだとドツボにハマる可能性があります。

宝くじでも当たらなければ、給料が上がらなければ、資本主義が終わらなければ永久に解決不可能です。

今は問題解決の仕方が違うのですよ。

このアルトリ岬のように心の問題だというのです。

心の扱い方に問題がある。最近でいうマインドフルネスです。

幸せに生きるにはどうすれば良いのかを考える科学的なメソッドです。

心の問題ですから各人意識の仕方で一瞬で変わり得るのです。

物事のとらえ方次第なんですね。

先ほどの漫画を思いだしましょう。大金が手に入るかもしれない、と皆が思っただけで家庭円満になり解決してしまいます。

その時点では大金は手にしていません。思っただけで解決してしまったのです。

だったら大金がなくても解決する方法があるのではないでしょうか。

それが心の使い方です。

心の使い方というのは面白く、奥が深いです。

私も常日頃未熟だと痛感しています。

人間というのは一度徹底的に挫折したり、絶望するのも悪くないと思っています。

久しぶりに良い小説を読みました。読んでもらいたい小説です。

コンビニ人間とかいうヘンテコなの読んでたからな。w

上の漫画はGoogle Playで無料で読めてしまいます。

50億円の約束手形

淀川河川敷

ラテン喫茶の頃

屋台などが収録されています。どれも名作ですよ。

青木雄二漫画短編集 完全版1 ゼニの掟編


 

マウスをカスタマイズしよう linux編の続きです。

実はゲームパッド Elecom F310についてずっと考えていました。笑

マウス同様ジョイパッドをカスタマイズしましょう。なんとかプログラムもできました。

ゲームパッドをマウスみたいにします。

前回同様にUSB接続を調べます。
$ cat /proc/bus/input/devices
I: Bus=0003 Vendor=1bcf Product=0005 Version=0110
N: Name="USB Optical Mouse"
P: Phys=usb-3f980000.usb-1.2/input0
S: Sysfs=/devices/platform/soc/3f980000.usb/usb1/1-1/1-1.2/1-1.2:1.0/0003:1BCF:0005.0001/input/input0
U: Uniq=
H: Handlers=mouse0 event0 
B: PROP=0
B: EV=17
B: KEY=1f0000 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=143
B: MSC=10

I: Bus=0003 Vendor=0d62 Product=8070 Version=0111
N: Name="ELECOM Wired Keyboard"
P: Phys=usb-3f980000.usb-1.4/input0
S: Sysfs=/devices/platform/soc/3f980000.usb/usb1/1-1/1-1.4/1-1.4:1.0/0003:0D62:8070.0002/input/input1
U: Uniq=
H: Handlers=sysrq kbd leds event1 
B: PROP=0
B: EV=120013
B: KEY=10000 7 ff9f207a c14057ff febeffdf ffefffff ffffffff fffffffe
B: MSC=10
B: LED=1f

I: Bus=0003 Vendor=046d Product=c21d Version=4014
N: Name="Logitech Gamepad F310"
P: Phys=usb-3f980000.usb-1.3/input0
S: Sysfs=/devices/platform/soc/3f980000.usb/usb1/1-1/1-1.3/1-1.3:1.0/input/input3
U: Uniq=
H: Handlers=event3 js0 
B: PROP=0
B: EV=20000b
B: KEY=7cdb0000 0 0 0 0 0 0 0 0 0
B: ABS=3003f
B: FF=1 7030000 0 0

私の環境ではマウスがevent0 キーボードがevent1, ゲームパッドがevent3です。
マウスが/dev/input/event0,
キーボードが /dev/input/event1
ゲームパッドが/dev/input/event3 となります。

次にゲームパッドのボタンの割り当てを調べます。

//input2.c
//ゲームパッド入力を調べるプログラム
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <linux/input.h>
#include <unistd.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>

#define GAMEPAD_EVENT "/dev/input/event3"
#define MOUSE_EVENT "/dev/input/event0"

int gamepadfd;
int mousefd;

int main(void)
{
gamepadfd = open(GAMEPAD_EVENT, O_RDWR);
mousefd = open(MOUSE_EVENT, O_RDWR);
  for (;;) {
    struct input_event event;

    if (read(gamepadfd, &event, sizeof(event)) != sizeof(event)) {
      exit(EXIT_FAILURE);
    }
    switch(event.type) {
      case EV_KEY:
printf("type:%x  code:%x value:%x\n", event.type, event.code, event.value);
        break;
      case EV_REL:
printf("type:%x  code:%x value:%x\n", event.type, event.code, event.value);
break;
case EV_ABS:
printf("type:%x  code:%x value:%x\n", event.type, event.code, event.value);
break;
      default:
 
        break;
    }
    fflush(stdout);
  }
  
  close(gamepadfd);
  close(mousefd);
}
ゲームパッドを適当に押すと数字が表示されますので、/usr/include/linux/input.hとにらめっこして調べます。

chrome用にゲームパッドを次のようにカスタマイズします。


プログラムの説明
前回のプログラムと同じような仕組みです。
十字キーと十字スティックはシグナルを使ってポーリングしています。つまり毎回入力されていないかデータを取得しにいっています。ぶさいくですがそれしかできませんでした。

要するにゲームパッドからマウスやキーボードにデータ変換しているだけです。変換する箇所が多いのでごちゃごちゃしています。だいぶ試行錯誤しました。

//gamepad.c
//ゲームパッドをchromeブラウザ用にカスタマイズするプログラム
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <linux/input.h>
#include <unistd.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>
#include <linux/uinput.h>
#include <string.h>
#include <signal.h>

//ここでマウスとキーボードとゲームパッドのイベントを設定してください。
#define MOUSE_EVENT "/dev/input/event0"
#define KEYBOARD_EVENT "/dev/input/event1"
#define GAMEPAD_EVENT "/dev/input/event3"

#define die(str, args...) do { perror(str); exit(EXIT_FAILURE); } while(0)

typedef struct _GamepadMouseState GamepadMouseState;
struct _GamepadMouseState 
{
  __s32 vx, vy;
  int wheelvalue;
  int wheeldirection;
};

static GamepadMouseState state;
static struct itimerval itimerval;
static struct itimerval old_itimerval;
static struct itimerval htimerval;
static struct itimerval old_htimerval;

int keyboardfd;
int gamepadfd;
int virtualfd;
int mousefd;
int i;



//イベントを発生させる関数
void send_event(int output, int type, int code, int value)
{
  struct input_event event;
  if (mousefd < 0) {
    return;
  }

  event.type = type;
  event.code = code;
  event.value = value;
  gettimeofday(&event.time, NULL);
write(output, &event, sizeof(event));
}

//ゲームパッドのホイール移動
void wheel_handler()
{
//printf("wheel :%x  \n", state.wheelvalue);
if(state.wheeldirection == 0)
return;
send_event(mousefd, EV_REL, ABS_WHEEL, state.wheeldirection);
send_event(mousefd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}

//ゲームパッドの十字キーの状態を取得し、マウス移動させる
void alarm_handler(int signum)
{
if((i % 25) == 0) {
wheel_handler();
}
i++;
if(i > 5000)
i = 0;
  if (state.vx == 0 && state.vy == 0 ) {
    return;
  }
  if (state.vx!= 0) {
    send_event(mousefd, EV_REL, REL_X, state.vx);
  }

  if (state.vy!= 0) {
    send_event(mousefd, EV_REL, REL_Y, state.vy);
  }
}



//シグナルを設定する 2000マイクロ秒毎にalarm_handlerを実行する
void init_event_handler()
{
  itimerval.it_value.tv_sec = 0;
  itimerval.it_value.tv_usec = 2000;
  itimerval.it_interval.tv_sec = 0;
  itimerval.it_interval.tv_usec = 2000;
  signal(SIGALRM, alarm_handler);
  setitimer(ITIMER_REAL, &itimerval, &old_itimerval);
}


int main(void)
{
mousefd = open(MOUSE_EVENT, O_RDWR);
gamepadfd = open(GAMEPAD_EVENT, O_RDWR);
keyboardfd = open(KEYBOARD_EVENT, O_RDWR);
init_event_handler();
//ゲームパッドを無効化
ioctl(gamepadfd, EVIOCGRAB, 1);
  for (;;) {
    struct input_event event;

    if (read(gamepadfd, &event, sizeof(event)) != sizeof(event)) {
      exit(EXIT_FAILURE);
    }
    //printf("type:%x  code:%x value:%x\n", event.type, event.code, event.value);
    switch(event.type) {
case EV_KEY:
if(event.code == BTN_X) {
send_event(mousefd, EV_KEY, BTN_MOUSE, event.value);
send_event(mousefd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else if(event.code == BTN_Y) {
send_event(mousefd, EV_KEY, BTN_MIDDLE, event.value);
send_event(mousefd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else if(event.code == BTN_A) {
send_event(keyboardfd, EV_KEY, KEY_LEFTCTRL, event.value);
send_event(keyboardfd, EV_KEY, KEY_W, event.value);
send_event(keyboardfd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else if(event.code == BTN_B) {
send_event(mousefd, EV_KEY, BTN_RIGHT, event.value);
send_event(mousefd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else if(event.code == BTN_TL) {
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_LEFTCTRL, event.value);
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_T, event.value);
send_event(keyboardfd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else if(event.code == BTN_TR) {
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_LEFTCTRL, event.value);
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_TAB, event.value);
send_event(keyboardfd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}
break;
      case EV_ABS:
//printf("type:%x  code:%x value:%x\n", event.type, event.code, event.value);
if(event.code == ABS_HAT0Y) {//上下ボタンを押したとき
state.vy = event.value;
}else if(event.code == ABS_HAT0X) {//左右ボタンを離したとき
state.vx = event.value;
}else if(event.code == ABS_RY) {//ホイール上下
//printf("type:%x  code:%x value:%d\n", event.type, event.code, event.value);
if(event.value > 10000) {
state.wheeldirection = 0xffffffff;
} else if(-8000 < event.value && event.value < 8000){
state.wheeldirection = 0;
}else {
state.wheeldirection = 1;
}
state.wheelvalue = event.value;
//send_event(mousefd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else if(event.code == ABS_RX) {
}else {
}
        break;
      case EV_REL:
break;
 
      default:
        break;
    }
    fflush(stdout);
  }
  
  //ゲームパッドを有効に戻す
  ioctl(gamepadfd, EVIOCGRAB, 0);
  
  close(keyboardfd);
  close(gamepadfd);
  close(virtualfd);
}


$ gcc -o gamepad gamepad.c
$ sudo ./gamepad

 

windowsの次はlinuxでマウスをカスタマイズします。

プログラムを作って、マウスを乗っ取ります。 

仕組みが分かれば簡単にプログラムで作ることができます。

なぜならlinuxはすべてファイル扱いで、 マウスもキーボードもゲームパッドもファイルだからです。

openして、readしてwriteすればいいわけです。

自由自在にカスタマイズできてしまいます。

たとえば、マウスを左クリックするとキーボードのAと入力させることもできます。

ですからゲームパッドをマウス替わりにカスタマイズすることもでてきしまうわけです。

この仕組みがわかればキーロガーも作れてしまいます。

まずはUSBに接続されているデバイスを調べます。
pi@raspberrypi:~ $ cat /proc/bus/input/devices
 
I: Bus=0003 Vendor=1bcf Product=0005 Version=0110
N: Name="USB Optical Mouse"
P: Phys=usb-3f980000.usb-1.2/input0
S: Sysfs=/devices/platform/soc/3f980000.usb/usb1/1-1/1-1.2/1-1.2:1.0/0003:1BCF:0005.0001/input/input0
U: Uniq=
H: Handlers=mouse0 event0 
B: PROP=0
B: EV=17
B: KEY=1f0000 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=143
B: MSC=10

I: Bus=0003 Vendor=0d62 Product=8070 Version=0111
N: Name="ELECOM Wired Keyboard"
P: Phys=usb-3f980000.usb-1.4/input0
S: Sysfs=/devices/platform/soc/3f980000.usb/usb1/1-1/1-1.4/1-1.4:1.0/0003:0D62:8070.0002/input/input1
U: Uniq=
H: Handlers=sysrq kbd leds event1 
B: PROP=0
B: EV=120013
B: KEY=10000 7 ff9f207a c14057ff febeffdf ffefffff ffffffff fffffffe
B: MSC=10
B: LED=1f

私の場合はこんなかんじ。

マウスとキーボードが認識されています。重要なのはHandlersのeventです。マウスがevent0, キーボードがevent1です。これを記憶しておきます。先ほどのファイルというのがこれです。

マウスは/dev/input/event0, キーボードは/dev/input/event1に対応しています。

試しにマウスを監視してみましょう。
$hexdump /dev/input/event0

同様にキーボード
$hexdump /dev/input/event1

マウスやキーボードの定義は/usr/include/linux/input.hにされています。ここを開いてみてください。

キーボード系
#define KEY_Q                   16 キーボードのQ
#define KEY_W                   17 キーボードのW
#define KEY_E                   18
#define KEY_R                   19
#define KEY_T                   20

マウス系
#define BTN_LEFT                0x110 マウスの左クリック
#define BTN_RIGHT               0x111 マウスの右クリック 
#define BTN_MIDDLE              0x112 マウスのホイールクリック
こんなかんじでずらっと登録されています。

マウスやキーボードの入力があるとイベントが発生します。その構造体も定義されています。
struct input_event {
        struct timeval time;
        __u16 type;
        __u16 code;
        __s32 value;
};

event.type
  EV_KEY マウスやキーボードがクリックされたとき
  EV_REL マウスの位置移動、ホイールが回転したとき
event.code
  左クリックやらキーボードの入力キー
event.value
 1: キーを押したとき、 0: キーを離したとき
 他の数字 移動量

では早速マウスボタンを調べてみましょう。
input.c
//マウス入力を調べるプログラム
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <linux/input.h>
#include <unistd.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>

int keyboardfd;
int mousefd;

int main(void)
{
  mousefd = open("/dev/input/event0", O_RDWR);
  keyboardfd = open("/dev/input/event1", O_RDWR);
  for (;;) {
    struct input_event event;

    if (read(mousefd, &event, sizeof(event)) != sizeof(event)) {
      exit(EXIT_FAILURE);
    }
    switch(event.type) {
      case EV_KEY:
printf("code:%x  value:%x\n", event.code, event.value);
        break;
      case EV_REL:
//printf("rel:%x  ", event.code);
break;
  case EV_ABS:
//printf("abs:%x  ", event.code);
break;
      default:
 
        break;
    }
    fflush(stdout);
  }
  
  close(keyboardfd);
  close(mousefd);
}
$gcc -o input input.c
 
pi@raspberrypi:~/Documents $ sudo ./input
code:110  value:0
code:112  value:1
code:110  value:1
code:112  value:0
code:114  value:1
code:114  value:0
code:113  value:1
code:113  value:0
code:110  value:1
code:110  value:0

110だから左クリックだなとか、value 1は押したとき、value 0は離したとき。
判明したのが次のとおり。カスタマイズの内容も書いておきました。


 で、ここからが少しやっかい。
BTN_EXTRAをCTRL + Wにすると、
BTN_EXTRA + CTRL + Wになってしまいます。 
つまり、BTN_EXTRAとBTN_SIDEの機能を無効にしたいのです。

結論を書くとマウスを無効にし、User Inputという仮想デバイスでマウス機能を再登録します。

ちなみにマウスを無効にするのはたった1行
ioctl(マウスちゃん, EVIOCGRAB, 1);

マウスを元に戻すのも1行
ioctl(マウスちゃん, EVIOCGRAB, 0);

あとはUser Inputでマウス機能を登録すればできあがりです!
コメントを書いておくのでプログラムを読んでください。

5mouse.c
//マウスをchromeブラウザ用にカスタマイズするプログラム
//サイドボタンを
//現在のタブを閉じる Ctrl+w
//開いている次のタブに移動する Ctrl+Tab 
//に設定する
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <linux/input.h>
#include <unistd.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <fcntl.h>
#include <linux/uinput.h>
#include <string.h>

//ここでマウスとキーボードのイベントを設定してください。
#define MOUSE_EVENT "/dev/input/event0"
#define KEYBOARD_EVENT "/dev/input/event1"


#define die(str, args...) do { perror(str); exit(EXIT_FAILURE); } while(0)

int keyboardfd;
int mousefd;
int virtualfd;

void create_uinput_device (int fd) {
  struct uinput_user_dev uidev;
  memset(&uidev, 0, sizeof(uidev));

  snprintf(uidev.name, UINPUT_MAX_NAME_SIZE, "YUKIMOUSE");
  uidev.id.bustype = BUS_USB;
  uidev.id.vendor  = 0xAAAA;
  uidev.id.product = 0xBBBB;
  uidev.id.version = 1;

  if (write(fd, &uidev, sizeof(uidev)) < 0)
    die("create_uinput_device: write");

  if (ioctl(fd, UI_DEV_CREATE) < 0)
    die("create_uinput_device: ioctl");
}

void send_event(int output, int type, int code, int value)
{
  struct input_event event;

  event.type = type;
  event.code = code;
  event.value = value;
  gettimeofday(&event.time, NULL);
write(output, &event, sizeof(event));
}

int main(void)
{
mousefd = open(MOUSE_EVENT, O_RDWR);
keyboardfd = open(KEYBOARD_EVENT, O_RDWR);
virtualfd = open("/dev/uinput", O_WRONLY | O_NONBLOCK);
//マウス機能を登録し、User Inputデバイスを作成する
//ここで左クリックを有効にするよーとか、マウス動かすよーとか登録
ioctl(virtualfd, UI_SET_EVBIT, EV_REL);
ioctl(virtualfd, UI_SET_RELBIT, REL_X);
ioctl(virtualfd, UI_SET_RELBIT, REL_Y);
ioctl(virtualfd, UI_SET_RELBIT, REL_WHEEL);
ioctl(virtualfd, UI_SET_EVBIT, EV_KEY);
ioctl(virtualfd, UI_SET_KEYBIT, BTN_LEFT);
ioctl(virtualfd, UI_SET_KEYBIT, BTN_RIGHT);
ioctl(virtualfd, UI_SET_KEYBIT, BTN_MIDDLE);
create_uinput_device(virtualfd);
//マウスを無効化
ioctl(mousefd, EVIOCGRAB, 1);
  for (;;) {
    struct input_event event;

    if (read(mousefd, &event, sizeof(event)) != sizeof(event)) {
      exit(EXIT_FAILURE);
    }
    switch(event.type) {
      case EV_KEY:
if(event.code == BTN_EXTRA && event.value == 1) {//EXTRAボタンを押したときCTRL + W
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_LEFTCTRL, 1);
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_W, 1);
send_event(keyboardfd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else if(event.code == BTN_EXTRA && event.value == 0) {//EXTRAボタンを離したとき
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_W, 0);
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_LEFTCTRL, 0);
send_event(keyboardfd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else if(event.code == BTN_SIDE && event.value == 1) {//SIDEボタンを押したとき CTRL + TAB
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_LEFTCTRL, 1);
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_TAB, 1);
send_event(keyboardfd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else if(event.code == BTN_SIDE && event.value == 0) {//SIDEボタンを離したとき
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_TAB, 0);
send_event(keyboardfd, event.type, KEY_LEFTCTRL, 0);
send_event(keyboardfd, EV_SYN, SYN_REPORT, 0);
}else {
send_event(mousefd, event.type, event.code, event.value);
}
        break;
      case EV_REL:
//printf("%x  ", event.code);
send_event(mousefd, event.type, event.code, event.value);
break;
case EV_ABS:
send_event(mousefd, event.type, event.code, event.value);
break;
      default:
send_event(mousefd, event.type, event.code, event.value);
//printf("0");
        break;
    }
    fflush(stdout);
  }
  
  //マウスを有効に戻す
  ioctl(mousefd, EVIOCGRAB, 0);
  
  close(keyboardfd);
  close(mousefd);
  close(virtualfd);
}


一応マウスを無効にするので注意が必要かと
$gcc -o 5mouse 5mouse.c 
$sudo ./5mouse

思っていたようにマウスをカスタマイズすることができました。
あとはスクリプトを作るなり、起動時に自動実行すればいいかと思います。

参考サイト 超絶素晴らしいサイトです。
Linux Input Subsystemの使い方

特定のキーボードを ESC 入力のためのフットペダルにする 
サンプルプログラムが分かりやすいです。 

ゲームパッドをカスタマイズしよう linux編 に続きます。


ウィンドウズでマウスボタンをカスタマイズしていきます。

無料ソフトのHUTを利用します。

HUT ベクターからダウンロードしてください。
Hut_editorを実行します。
hut1
追加をクリック。

割り当てたいボタンを押して、キーを設定します。
 hut2
1回クリックで反応させるので、Onceにしておきます。
押しっぱなしとかも設定できるわけですね。
こんな感じ。

 登録した結果がこちら。
 hut3
これをProfileフォルダ内に名前を付けて保存。mouse.hutで保存しました。

次にHut_mainを実行。タスクトレイに表示されます。
hut4
青いお家みたいなのがHUT。右クリックからリストを選択。

hut5
下の初期プロファイルに先ほど保存したmouse.hutを登録。変更ボタンを押すと登録できます。

hut6
最後にオプションのMainタブ。自動起動をオンにします。

これで完成です。

次はリナックス編。プログラムを自作します。
マウスをカスタマイズしよう linux編

最近ずっと5ボタンマウスについて考えていました。

5ボタンマウスについて考えることがあるのです。

その前に私が愛用しているのがバッファローのBSMBU19というマウスです。
 _SL1000_
このマウスです。既に4つ持っています。

マウスクリックが静かな有線マウスです。

写真を見ると分かるとおり、サイドボタンが2つ付いているのです。

サイドボタンはブラウザの「戻る」と「進む」が割り当てられています。

このサイドボタンが役立たずです。役立たず。役立たず。

私はブラウザの戻るや進むをほとんど使わないからです。

タブをどんどん開いていきます。常時4つか5つタブを開いているでしょう。

最近気が付いたのはこのサイドボタンはカスタマイズできる、ということです。

それで考えていたのは、このサイドボタンにどの機能を割り当てるべきか、です。

色々と試行錯誤した結果、ブラウザの「現在のタブを閉じる」と「開いている次のタブに移動する」を割り当てるべきではないかと考えていました。

本当にどうでもいいことなんですがずっと考えていました。笑 

私はchromeブラウザでタブを開きまくるので、タブ関連のキーを割り当てるべきだと思うのです。

ブラウザはタブブラウザが主流です。つまり複数のタブが開いているわけです。

このご時世、タブ1つで進むや戻るボタンを駆使している人などいるのでしょうか。

というわけでせっかく5ボタンマウスを使っているのだから、もっと便利な使い方はないかと試行錯誤していたわけです。

以前同じようなことを考えている人がいて、5ボタンマウスのサイドキーにCtrl割り振らない奴は人生の8割くらい損してる
 
私はCtrlではないように思うのです。

もっと便利な使い方があれば教えていただきたいです。

次回、ウィンドウズとlinuxそれぞれカスタマイズ方法を解説していきます。
マウスをカスタマイズしよう windows編 

ラズベリーパイをスーパーファミコンにしよう


ラズベリーパイ3を持っています。ラズベリーパイをスーパーファミコンにします。

この動画に刺激を受けてやってみたくなりました。

1.pisnesをダウンロード
 pisnes ここからpisnesをダウンロードします。

 解凍するだけです。ラズベリーパイ用にコンパイル済みです。
 snes9xと snes9x.guiが実行ファイルです。
 #snes9x romfile.sfc
 #snes9x.gui こちらはGUIでロムファイルを選択できます。

2. ソフトを用意します。
 自分の持っているソフトを用意してpisnes/romディレクトリの中にください。
 拡張子はsfcとなります。

3. ゲームパッドを接続します。
 ゲームパッドをUSBに接続します。
 logicoolのF310 定番ゲームパッドを使用しています。
  f310-gaming-gamepad-images
 つなぐだけです。pisnesでも自動認識してくれます。
 エミュに良くあるボタンの割り当てが不要です。とにかく接続するだけでOK。素晴らしいです。

4. ラズベリーパイが起動時に自動起動させます。
 せっかくなので自動起動させてみましょう。キーボードやマウスもいらなくなります。

/home/pi/Game/pisnes このディレクトリにpisnesを置いています。

 シェルスクリプトを作ります。
 直接 snes9x.guiを実行するのではなく、間接的にシェルスクリプトから実行させます。
 面倒くさいのですが、これはやっておくべきです。 

#sudo vi /usr/local/bin/snes-run-gui

snes-run-guiの内容
#!/bin/bash

BASEDIR=/home/pi/Game/pisnes

# Wait for the PS3 Game pad to be available
while [ ! -e /dev/input/js0 ]; do sleep 2; done

# The DISPLAY=:0 bit is important for the GUI to work
DISPLAY=:0 $BASEDIR/snes9x.gui
ここまで

スクリプトを実行できるようにします。
#sudo chmod +x /usr/local/bin/snes-run-gui

自動起動に登録
/home/pi/.config/lxsession/LXDE-pi/autostart の最後の行に1行追加します。
もしかしたら古いラズベリーパイの場合、/home/pi/.config/lxsession/LXDE/autostartかもしれません。

@/usr/local/bin/snes-run-gui

これで起動時にpisnesが立ち上がります。やってみましょう。

最後になぜシェルスクリプトから実行する理由は、直接snes9x.guiを実行するとキーボードを認識しなくなり、復帰できなくなるからです。
スーパーファミコンはできるのですが、元に戻せなくなったからです。
リモートからログインして復帰できるようになりましたが、、、汗

参考サイト
Building a SNES emulator with a Raspberry Pi and a PS3 gamepad
 

↑このページのトップヘ