将棋ビジネスは破たんするのではないか?

将棋ファン歴30年ですが心配しています。

将棋といえば藤井聡太先生です。

連日藤井フィーバーでこんなに将棋が盛り上がったのは初めてではないでしょうか。

羽生七冠達成のときもここまで凄くはありませんでした。

ところが将棋の未来は暗いのではないかと思っています。

実は藤井フィーバーの陰で恐ろしい事態が生じています。

それはユーチューバーただ乗り実況です。

これは恐ろしいですよ。

スポンサーが大金を払ってタイトル戦を運営しているのに、youtuberが棋譜中継してしまっているのです。

ユーチューバーが棋譜だけパクッて将棋ソフトで解析しながら、ファンとおしゃべりしているわけです。

将棋ファンがスポンサースルーでYoutube経由で将棋を見ているわけですね。

これではスポンサーがお金を払う意味が全くない。

スポンサー馬鹿丸出し状態です。

下手するとタイトル戦を降りるスポンサーが出てくるかもしれませんよ。

しかもsuprechat(寄付のこと)で、ただ乗りユーチューバーが金を儲ける仕組みが出来上がっています。

儲かるとなれば、ただ乗りユーチューバーがゴキブリのように湧いてくるでしょう。

将棋の棋譜に著作権はありません。

法律的にも規制するのは難しいのではないでしょうか。

敵は将棋ソフトではなく、Youtubeだったということです。

佐藤新体制は乗り切ることができるのでしょうか。

またしても難しい局面に入ったと言わざるおえません。