年末に行われた電王戦合議制マッチ2016 見ましたでしょうか。

リアルタイムで見ていなかったのですが、とんでもない将棋でした。

プロ棋士側も善戦したと思いますが、ソフトは遥かに上回っていました。

5枚写真を見てください。後手の飛車の動きに注目です。
dennou1
まず出だし。普通に横歩取り。

dennou2
向かい飛車に転向。良くある進行。

dennou3
圧力をかけ、27歩を打たせる。別段特に。

dennou5
飛車が下がって。

dennou4
で、最後に地下鉄飛車で完成。
 
お気づきでしょうか?

そうなのです。

飛車が山の手線のようにぐるっと一周してきたのです。!!!

3枚目の写真。コメントで「もう勝ちにくい将棋になった。」とありますが、恐らくそうなのでしょう。

普通なら2筋からガリガリ行きたくなるわけです。

だから27歩と守りたくなります。

ところが27歩を打たせたら、2筋はもう用済みと言わんばかりに8筋に移動。

これは翻弄されてしまいますねぇ。

こんな将棋は見たことありませんでした。

動画を張り付けておきます。

コンピュータがこんな将棋を指すとは驚きです。

恐ろしく柔軟な発想であり、構想力です。 合理的ということかもしれません。

これが2015年のソフトだというのだから、現在はとんでもないことになっていると思います。