_SX338_BO1,204,203,200_
ガンの80%は予防できる 崎谷博征 を読みました。

ガンの近藤理論の一歩先を行っていると思います。

近藤理論とはがんもどきは転移もしないので治療しない。

がんの親玉は転移するが、治療しても治らないので治療しない。

がんは放っとくにかぎる、という放置治療です。

がんの細胞にはミトコンドリア異常が見られます。ミトコンドリアによる細胞内呼吸ができなくなくなっている。

それではがん細胞はエネルギーを得ることができないので、代わりに糖による発酵をしてエネルギーを得ているのです。

つまり癌を予防するにはミトコンドリアちゃんを労わる生活をしないといけないのです。

逆に癌細胞に対しては糖を遮断して発酵できないようすればエネルギーを得ることができず消滅するはずです。

つまりライフスタイルで癌を防ぐことができるのです。

というか食生活が問題なのです。

昔のエスキモーは肉食生活でしたが、ガンにはなりませんでした。

アップルのスティーブジョブズはベジタリアンで会社の名前の通り、リンゴや果物、野菜ばっかり食べて、膵臓がんにかかり早死しました。

果物には果糖が含まれており、食べ過ぎは良くないのです。

果糖を食べることでガン細胞が発酵するのを手伝っていたわけです。

まさにスティーブジョブズはガンのための食生活を送っていたのです。

間違った健康志向は恐ろしいです。

ガンになるかどうかはミトコンドリアちゃんがカギを握っているのですね。

これからはミトコンドリアのためのミトコンドリア生活を始めましょう。