_SX355_
今回はlinuxのubuntuでUSBメモリーを認識する方法を解説しています。

macにvirtual boxでubuntuを入れています。

使うのは Trascend USBメモリー 32GB。USB3.0対応しています。 

exfatでフォーマットしています。これをlinuxでマウントして使えるようにしましょう。

macを使っている場合、exfatでフォーマットするのが通常です。

exfatだとwindows, mac, linuxどれでも使えます。

exfatは万能フォーマットなので、exfatのUSBメモリーが一個あると便利です。

macにUSBメモリーを刺しvirtual boxを起動します。

仮想OSを選び、設定 -> ポート -> USB ->  

USBコントローラーの有効化にチェックを入れます。

このUSBメモリーは3.0対応なのでUSB3.0 コントローラーにチェック。

3.0に対応していない場合にはUSB 2.0コントローラーにチェックを入れてください。

USBデバイスフィルターに追加をします。

USBデバイス を認識するのでUSBメモリーを追加します。

そして編集。

名前以外は全て空白にします。
34
ここまでの画像。 名前以外を削除して空白にします。

ここで一度USBメモリーを取り外してください。

linuxを起動して、その後USBメモリーを刺すと認識するはずです。

ここからがexfatをマウントさせる方法です。

exfatをサポートするためのソフトをインストールします。
$ sudo apt-add-repository ppa:relan/exfat

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install exfat-fuse exfat-utils
Screenshot from 2015-11-25 20%3A21%3A04
ファイラーを開き、右クリックからマウントすれば使えるようになります。

もちろん書き込みも可能です。