Screenshot from 2015-11-14 19%3A11%3A27
linuxで将棋ソフトBonanzaをコンパイルしてみました。

なんかややこしかったので備忘録として書いておきます。

$wget http://gi.cs.uec.ac.jp:10140/bonanza_v6.0.zip
bonanzaのダウンロード
 
$unzip bonanza_v6.0.zip
解凍しーの

$cd bonanza_v6.0/src/client/
src/client/にソースコードが入っています。

Makefileがありますが、ライブラリ指定の位置が悪いので修正します。

修正前
bonanza : $(OBJS)
        $(CC) $(LDFLAG1) -o bonanza $(OBJS) $(LDFLAG2)
 
修正後 
bonanza : $(OBJS)
        $(CC) -o bonanza $(OBJS) $(LDFLAG1) $(LDFLAG2)

$make gcc

これでbonaza 実行ファイルが作成されます。

$mkdir log
ログディレクトリを作成。

book.bin, fv.binがないと動きません。これらはbonanza_v6.0/winbin/ ディレクトリにありますのでコピー。
$cp ../../winbin/book.bin .
$cp ../../winbin/fv.bin .

$ ./bonanza
これでボナンザが起動します。

駒はコマンドで動かします。
Black 1> 7776FU
76歩を実行。角道を開けた。 動かす前と動かした後を数字で入力。駒を指定します。
 

Black 3> 2726FU
三手目 26歩。飛車の前の歩を進めた。
 
止めるときはquitコマンドで終了します。

一応遊べますが、やはりコマンドで将棋は厳しいですね。 

linuxにも将棋所のようなGUIがあると便利になります。

次はAperyのlinuxコンパイルです。 

linuxでAperyと対局しよう