今回は静音マウスについてです。

カチカチうるさいマウスが大嫌いなんです。

うるさい音を聞いていると気が散ってしょうがないのです。それで静かなマウスを求めていくつも買ってきました。

音が静かな順でサイレントマウスを紹介していきます。

iBuffaloのBSMBUです。有線の静音マウスです。ブルーカラー。

静音マウスをこれから購入する人はまずこれを買ってください。

一番静かです。快適に使っています。

やっぱり静かなマウスは良いですね。

肝心のクリック音は控えめなポツポツです。音が心地よいです。

マウスのサイズが他のと比較すると大きめです。

しかもサイドがラバー製なのですべりにくい。安定してクリックができ操作しやすいです。

ホイールもちゃんとクリクリしていて手ごたえがあります。

ボタンは5つあります。写真では見えにくいですが、左側にブラウザの進む、戻るが可能なボタンが2つ付いています。

windowsではもちろん使えますが、Linuxでも使えました。

Linuxでもドライバを入れたりせず、USBにつなぐだけです。linuxのChromeで「戻る」、「進む」ボタンが機能しました。

ネットを見るのに便利です。こりゃ、いいです。

この機能Macでは対応していませんでした。

iBuffaloのBSMBUマウス、Linuxユーザーにもおススメです。


ユニークのM314。無線のサイレントマウスです。

音は静かで問題ありません。

表面は艶々していてデザインは可愛いです。

ところが無線マウスは反応速度がいまいちなのです。

以前ラズベリーパイにこの無線マウスを使ったら、動作が遅すぎて使い物になりませんでした。

それ以降無線マウスというものをあまり使わなくなりました。

無線の根本な問題ですね。無線を機能させるためには電池も必要で、なくなれば電池交換があり面倒くさいです。


サンワサプライのMA-122HWです。

クリック音は静音ですがiBuffaloのBSMBUと比較すると音が高くて響きます。

このマウスは深夜になるとうるさいかもしれません。

そして残念なのがホイールです。

amazonのレビューでも書かれていますが、緩めでガバガバホイールです。

windowsでは正常に動作しますが、linuxでは誤作動します。

下にスクロールしているのに、逆に上にスクロールします。笑

ホイールがかってに動いてイライラします。


これから静音マウスを購入される方は一番上のバッファローが良いと思います。

アマゾンだとたったの1000円です。素晴らしい。

バッファローはいくつも製品を出してるので、その中から選んでみたらいいかと思います。