Yuki Nakata's Blog

天才 中ちゃん♪

Z120BW_

Raspberry PI2のスピーカーとしてロジクールのZ120BWを買いました。

JBL PEBBLESと悩みましたが、こっちにしました。

電源はUSB端子から、音はステレオミニジャックから取ります。

つなぐだけで音が出ます。

USB機器をつなぐとラズベリーパイが落ちることがあるようですが、これは大丈夫です。

音量をMAXにしても問題ありません。

音量についてはラズベリーパイの方で最大にしておいて、スピーカーの方でコントロールするといいです。

ボリュームの調節はalasamixerコマンドで行います。

alsamixer

+キーで音量を上げ、-キーで下げます。 ボリュームを最大にしておきましょう。 Escキーで終了。

 
我が家のラズベリーパイちゃん。

小型コンピューターには小型スピーカーが似合います。

1500円スピーカーでこれは素晴らしいです。 

はむくんさんのライフゲームの世界が素晴らしいです。

自分でも簡単にできますので再現してみましょう。

Gollyというソフトをダウンロードします。最新版はバージョン2.7です。

Golly ダウンロード

実行してみるとわかりますが、Patterns -> Life の中にライフゲームのサンプルが入っています。

Golly


ライフゲームの世界1
 
周期416の X型をしたgunです。
Patterns -> Life -> Guns ->  2c5-spaceship-gun-p416.rle

ライフゲームの世界2 複雑系

Oscillators 振動子編
Patterns -> Life -> Osillators -> DRH-oscillators.rle

ライフゲームの世界3 複雑系

宇宙船編
Patterns -> Life -> Spaceships ->smallest-low-period.rle
Patterns -> Life -> Spaceships ->adjustable-Corder-lineship.rle
Patterns -> Life -> Spaceships ->adjustable-Corder-lineship.rle

ライフゲームの世界4 複雑系

Synthesis編 合成
Patterns -> Life -> Synthesis -> make-harbor.rle
Patterns -> Life -> Synthesis -> make-p11.rle
Patterns -> Life -> Synthesis -> make-p33.rle

ライフゲームの世界5 複雑系

休憩編
Golly2

横に8192セル並べるとフラクタル図形を作ることができます。
適当な名前でrleファイルを作成し、メモ帳で開いてみてください。
次をコピーで張り付けて保存してください。

#CXRLE Pos=-52,0
x = 8192, y = 1, rule = B3/S23
8192o!

 
ライフゲームの世界6  複雑系

Puffer編 しゅぽしゅぽ列車
Patterns -> Life -> Puffers -> puffer-train.rle
Patterns -> Life -> Puffers -> line-puffer-superstable.rle
Patterns -> Life -> Puffers -> c4-diagonal-puffer.rle
Patterns -> Life -> Puffers -> zigzag-wickstrecher.rle

ライフゲームの世界7  複雑系

Breeder編 移動式のグライダー銃
Patterns -> Life -> Breeders -> breeder.lif
Patterns -> Life -> Breeders -> c4-diag-switch-engines.rle
Patterns -> Life -> Breeders -> spacefiller.rle
Patterns -> Life -> Guns -> golly-ticker.rle

ライフゲームの世界8  複雑系

メタピクセル編
ついにライフゲームでライフゲームを作ります。圧巻。
何を言ってるかわからねえが、そういうことです。
Patterens -> HashLife -> metapixel-gallaxy.mc.gz
Patterens -> HashLife -> metapixel-p216-gun.mc.gz
メタピクセルは遅いので+キーを押してステップ数を上げて、早回ししてください。

ライフゲームの世界 最終回

自己複製編
ジョン・フォン・ノイマンとかいう化け物が登場します。
彼は頭の中だけで自己複製するコンピューターを作り上げました。

ライフゲームのように格子状で単純な規則をあてはめる、そのようなモデルをセルオートマンという。
つまりライフゲームはセルオートマンの中の一つだ。

gollyの中にセルオートマンのパターンは見つかりませんでした。探しておきます。
簡単に再現できますので試してみてください。













星継ぐぐもの



星を継ぐもの 読み終わりました。


月で地球人そっくりなチャーリーと名づけられる 死体が見つかる、彼は何者か?というSFミステリーです。

登場人物はまとめ役のハントと頭でっかちなダンチェッカー教授。

ポイントは3つ。

1、チャーリーはなぜ地球人と生物学的に同じ姿形をしているのか?

2、チャーリーが死ぬ直前に眺めていた惑星は地球なのか、それとも他の惑星か?

3、チャーリーが手帳に描いた地図は地球のどの大陸とも異なる、どこの惑星を描いたものか?

簡単に考えると矛盾が生じてしまいます。

チャーリーが地球人だとすると、地図がおかしくなります。地球の地図ではない。

逆に地球人でないとするとなぜ地球人の格好をしているのか?


本を読まずに答えをひねり出してみるのも面白いかもしれません。

最後に引き立て役と思われたダンチェッカー教授が見事にさらっていきます。爽快な結末です。

案外地球人もこんな形で誕生したのかもしれない、と思わせるところが名著の所以です。


 

mpdroid
我が家ではいらない子になってしまったラズベリーパイ2をミュージックサーバーに仕立て上げます。

まずミュージックサーバーとはですが、ラズベリーパイを音楽プレイヤーにすることを意味します。

それをパソコンやスマホからコントロールするわけです。

パソコンやスマホから無線で操ると格好いいです。


ラズベリーパイがサーバー、リモコンのパソコンやスマホがクライアントになるわけですね。

オーディオとなると何故かみんな複雑なことをしたがるわけですが、簡単な説明を目指します。

ミュージックサーバーといってもいくつか専用ソフトがあるのですがMPDを使います。

他にVolumioというのがありますが、面倒くさすぎるので却下です。

 

凝ったことをしようとするとNasを使ったり(音楽ファイルを別の場所に用意する)、
D-Aコンバータを使ったり(音を良くする)、
アンプにつなぐ(音を大きくする)、
とか出来るわけですがそんなもの要りません。

とりあえずシンプルなミュージックサーバーから始めましょう。 


仕組みはラズベリーパイにmp3の音楽データをぶっこみます。

スピーカーかヘッドホンから音を出します。
ラズベリーパイ2にはイヤホンジャックが付いているのでそこにつないでください。


ではMPDのインストールからしていきましょう。

sudo apt-get install mpd mpc
MPDを起動します。
sudo service mpd start
MPDの設定ファイルを編集します。#を外してください。 音楽ディレクトリを変更します。初期は/var/lib/mpd/music ディレクトリになっています。 /home/ユーザー/music などに変更しておいた方が分かり易いと思います。
sudo vi /etc/mpd.conf
auto_update "yes"
mixer_type "software"
bind_to_address "localhost"
music_directory "/var/lib/mpd/music"

MPDを再起動します。
sudo service mpd restart
music_directory で指定したディレクトリにmp3の音楽ファイルを入れてください。
ここからはmpcの説明に入ります。 mpcというコマンドを使ってプレイリストを作ります。 プレイリストに載っている曲だけが再生可能になります。
mpc clear  #プレイリストを空にします。
mpc update #もし音楽ディレクトリを変更したり音楽ファイルを更新した場合、アップデートで更新します。
mpc ls|mpc add #音楽ファイルをプレイリストに追加します。
mpc playlist #プレイリストを表示します。
mpc play #音楽が再生されれば成功です。
これでサーバー側の設定が終わったので、次はクライアント側です。

スマホでMPDroidというアプリをインストールしてください。

Hostの設定でラズベリーパイのIPアドレスを指定したら完了です。192.168みたいなやつ。

スマホからコントロールしてラズベリーパイから曲が流れたら成功です。

lenovoのノートパソコンをwindows10にしました。

ssdのサイズが128Gbyteしかありません。残りの空き容量が約30GByteで少なすぎます。

windows10にしても前のwindows8のシステムに戻せるようになっているんですね。

ですから前のシステムがそのまま残っているのです。

クリーンアップをして要らなくなったwindows8を削除し、空き容量を増やしましょう。

ただしwindows8に戻すことができなくなるので注意が必要です。

cleanup


cドライブを右クリックからプロパティをクリックします。

ディスクのクリーンアップをクリックします。

さらにシステムファイルのクリーンアップをクリックします。

ここから削除するファイルを選択できるようになっています。

以前のWindowsのインストールにチェックを入れます。

一時Windowsインストールファイルにもチェックを入れます。

それからOKボタンからクリーンアップを実行します。



これで25Gbyteくらいファイル容量が増えました。

念のためにシステムの保護をしておくと良いかもしれません。






wifi


lenovoノートパソコンをwindows10にしたらwifiの受信感度が明らかに良くなりました。

windows8のころはwifiが繋がらなかった場所でwindows10にしたらつながります。

無線電波が弱くてもちゃんと拾っていて、しかも途切れなくなりました。

これだけでも10にした価値があります。



こんなことってあるのでしょうか。

macではyosemiteにバージョンアップしたらwifiが不具合がでるようになったので、その逆もあるかもしれません。





 

windows10


lenovoのノートパソコンをwindows10にバージョンアップしました。

windows10 ダウンロード

 windows10

上のwindows10ダウンロードから取得できます。
ツールを今すぐダウンロードをクリック。たいていは64bitバージョンだと思います。

MediaCreationToolx64.exe を管理者で実行しwindows10をインストールすることができます。

ダウンロードとインストール併せて2時間あれば終わるかと思います。
 
windows10にすると起動とシャットダウンが少し早くなりました。 

↑このページのトップヘ